東京証券取引所第1部に上場する企業の2017年4〜12月期の純利益合計が前年同期比13・1%増となったことが31日、分かった。世界経済の拡大や外国為替相場が円安基調で推移したことを追い風に業績が伸びた。