財務省は31日に開いた全国財務局長会議で全国11地域の1月の景気判断を示し、生産活動が好調な東海と近畿、中国の3地域を昨年10月の判断から引き上げた。残る8地域は据え置き、全国の総括判断も「回復している」と据え置いた。