闘争心むき出しの表情で地元・沖縄に31日、降り立った世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(22)。2度目の防衛と15連続KOの日本タイ記録を懸けて初の凱旋(がいせん)試合に挑む若武者は、何度も「勝ちます」ときっぱり。眼光鋭くKO宣言した。