沖縄で2度目の開催となったボクシング世界戦に挑んだのはフリッパー上原(本名・上原晴治)=興南高−日大出、協栄。後輩の具志堅用高(協栄)が県勢初の世界王者となり、県民は2人目の誕生を待ち望んでいた。