初の大舞台は1998年8月20日、甲子園。PL学園と、松坂大輔投手(中日)を擁する横浜高の「伝説の延長17回戦」にPL捕手として途中出場した。「大歓声、揺れる球場。ただ必死だった」と笑うが、小柄な2年生の全力プレーにファンは沸いた。 近大を経て2004年、千葉ロッテ入団。