昨年12月に沖縄自動車道で発生した車6台が絡む事故で、はねられて意識不明の重体となった在沖米海兵隊の男性曹長について、産経新聞が「日本人を救助した」「勇敢な行動」と報じ、沖縄2紙を「無視を続けるようなら、報道機関を名乗る資格はない」などと批判した。