2016年5月に共謀して台湾からヨットに乗って覚醒剤約597キロ(末端価格約417億円)を密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入未遂)などの罪に問われた船長で台湾籍の被告(45)の裁判員裁判の判決公判が1日、那覇地裁であった。