104歳の医師、日野原重明さんが命の大切さを説いた 沖縄戦に触れ「20万人が亡くなった沖縄こそ平和の楽園に」 よど号事件で同機に搭乗した体験が人生を考える転機になった