「人間の一生は、性の生涯である。コンピュータがいかに発達しても性の深淵(しんえん)だけは測れまい」(新藤兼人「わが性的ユートピア考」)  ルイス・ブニュエル監督「昼顔」は、そうした人の心の深い淵をのぞかせてくれる、背徳的で美しい映画だ。  セブリーヌ(カトリーヌ・ドヌーブ)は、若く美しい人妻。