郵便番号が7桁になった。それまでの3桁や5桁からの移行で、大字を含む町域の番号を付加、大口事業所には個別に新番号を定めた。1968年の制度導入から30年ぶりの全面的なシステム見直し。