「歴史が嫌い」な人たちは、複雑な時系列や漢文を含めた古文書が苦手である。かく言う評者も地理は好きだが、歴史は? それだから、肩の凝らない歴史書はないものかと思案していたところ、手にしたのが本書である。