自民党の高村正彦副総裁は3日、那覇市内で開かれた自民県連主催の「平和安全法制セミナー」で講演し、米軍普天間飛行場返還問題について「普天間の危険性除去の現実的な可能性は辺野古移設しかない。私たちの政権だけでなく、最低でも県外と掲げた民主政権が検討してもこれ(辺野古)しかない」との見解を示した。