沖縄県名護市辺野古の新基地建設を推進する政府与党が推した渡具知武豊氏が勝利したことで、政府は「地元の民意」を錦の御旗に工事を加速させる構えだ。一方、建設阻止を掲げた稲嶺進氏の敗北で、翁長雄志知事は反対の最も強い根拠であった「民意」の一角を失った形。