政府は2日、鹿児島県・奄美大島の沿岸で油の漂着を確認したとして、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。油は奄美大島沖で1月に沈没したパナマ船籍のタンカーから流出した可能性があることから情報収集を進めている。