政府は2日、新たに導入する国際観光旅客税の使い道として「快適な旅行のための環境整備」など3分野を定める関連法改正案を閣議決定した。地方で普及が遅れる公衆無線LAN「Wi−Fi」の整備などを後押しし、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた訪日外国人旅行者の受け入れ準備を急ぐ。