沖縄タイムス紙面掲載記事

稲嶺氏側1万9000票 渡具知氏側2万票/当選ライン両選対予想

2018年2月4日 00:00

 名護市長選の投票率、当選ラインを稲嶺、渡具知両選対はどう読むのか。 稲嶺選対は投票率は前回選挙(76・71%)より上がるとみて、当確ラインは1万9千票以上とみる。 選挙戦では14人の与党市議それぞれが地盤固めを徹底。翁長雄志知事も連日名護入りし、地域回りに全力をあげた。

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
きょうのお天気