「日本では、毎日1人茶わん1杯分の食べ物が捨てられているんです」 飢餓の撲滅を目指す国連食糧農業機関(FAO)の親善大使に昨年5月に就任し、本来は食べられるはずの食材が廃棄される「フードロス」の削減を外務省と連携して呼び掛ける。