生活困窮者らの自立支援を掲げる札幌市の共同住宅「そしあるハイム」で11人が死亡した火災で、建物内に備え付けの消火器が使われた形跡がないことが3日、市消防局への取材で分かった。出火後すぐに屋根や2階の床が崩れ落ちたことも目撃証言などで判明。