東京の「りたりこ」という会社が開く教室で、レゴブロックとパソコンなどを使ったロボット作りを子どもたちに教える仕事をしている。園児から高校生までたくさんの生徒が通っている。 授業(じゅぎょう)では教科書を参考にしながら、自分で作りたいものを考えてもらう。みんなで同じものを作ることはしない。