沖縄タイムス+プラス プレミアム

「知事がぶち切れた」てこ入れ図るも… オール沖縄に衝撃、諦めムード覆せず

2018年2月6日 13:30

連載【「代理戦」の裏側・2018名護市長選 1】 「背筋が凍った。かなりの緩みを感じる」 名護市長選告示の1月28日。稲嶺進氏の応援で名護入りした翁長雄志知事が選対幹部にげきを飛ばした。届け出から数時間が経過しても、選対が法定ポスターを張り切れずにいたことを知ったことが理由だった。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「やばい、知事の遺言が残ってた」動揺する記者 急転直下、裏取り急ぐ

 名護のトラウマ 沖縄知事選「接戦」報道に疑念 予想的中した現場感覚

 「なぜあんたが出ない」革新側に吹き続けたすきま風 宜野湾市長選の舞台裏

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS