ストライキを決行した中国・京漢鉄道の労働者に対し、軍閥の呉佩孚(ごはいふ)が武力弾圧し多数の死傷者を出した。「2・7事件」という。