愛知県は5日、運転席は無人の乗用車が、一般の車両も通行する交差点で、信号を自ら認識し左折などする遠隔型自動運転システムの走行実験を同県春日井市で行った。 実験では、通行止めにしていない市道約1キロを、道路形状や標識を事前に記憶させたミニバンが時速15キロ以下で走行。