乳がん治療中や、回復期の女性に心身ともに元気になってもらおうと、患者会「ぴんく・ぱんさぁ」のメンバーが、創作エイサーにリハビリの要素を盛り込んだ、ダンスを考案した。演出家の平田大一さんから指導を受け、DVDに収録。メンバーは「多くの患者さんに元気に、前向きになってもらえたら」と期待を寄せる。