政府は9日、低所得のひとり親世帯向けの「児童扶養手当」について、支給時期を現在の年3回(4、8、12月)から年6回(1、3、5、7、9、11月)に変更する法改正案を閣議決定した。  年間の支給総額は同じだが、小まめに受け取れるようにし、家計を管理しやすくする。2019年11月支給分から変更する。