磁気治療器の預託商法を展開し、2千億円超の負債を抱えて事実上倒産したジャパンライフ(東京)について、顧客の相談に乗っている「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」(石戸谷豊団長)は10日、東京都内で記者会見し、同社の破産を申し立てていたことを明らかにした。