中国漁船によるサンゴ密漁の被害実態を把握するため、水産庁が沖縄周辺近海で実施したサンゴの生息状況の調査で、中国船が操業したとみられる痕跡が多数確認されていたことが17日、複数関係者の話で分かった。