人生も折り返し地点を遠くに見る頃になると、ほとんどの事にあきらめともつかぬ感情で接している事に慣れてくる。それでも、人生の中に一つだけ、こだわり抜いた何かを持ちたかったと今更ながらに夢想する。