【北京共同】中国の海南航空などを傘下に持つ複合企業、海航集団の経営が資金繰りに窮し始めた。背後に有力政治家の存在がささやかれ、借金を頼りに国内外で派手な投資を繰り返してきたが、膨張した債務の処理には不透明感が漂う。今後、中国の金融市場の不安定化要因となりそうだ。