沖縄県名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て工事に向け、沖縄防衛局が国の天然記念物「オカヤドカリ」の捕獲・移動の許可申請を沖縄県教育庁に提出していた件で、教育庁が「適切な保護」を求める意見を付した上で書類を文化庁に送ったことが20日、分かった。