沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古新基地:車両200台が搬入 市民ら抗議「あなたのダンプカーが未来奪う」

2018年2月19日 14:53

 名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では19日、新基地建設に反対する市民が座り込み抗議した。午後1時15分までに200台を超える工事車両が出入りする中、「沖縄防衛局は違法工事を止めろ」「あなたのダンプカーが沖縄の未来を奪う」などと声を上げた。

米軍キャンプ・シュワブから出てきた工事車両にプラカードを掲げて抗議する人々=19日、名護市辺野古

 フェンス沿いには、色とりどりの花を植えた500個以上のプランターが並んだ。基地建設を請け負う業者がこの日朝までに設置したといい、那覇市から来た60代の女性2人組が、水やりをする作業員に対して「花をめでる心があるなら、命や美しい海を奪う基地建設に手を貸さないで」などとフェンス越しに話し掛ける姿もあった。

 一方、辺野古沖の「K2」と呼ばれる護岸建設現場では砕石が海に投入された。反対する市民はカヌー5艇、船2隻で抗議。午後1時半、カヌーがフロートを越え一時投入が止まったが、海上保安官が市民を拘束し、間もなく作業は再開した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS