沖縄タイムス+プラス ニュース

「県民に大きな感動」 比嘉大吾選手・具志堅用高氏に沖縄県民栄誉賞

2018年2月21日 07:55

 沖縄県の翁長雄志知事は20日、県庁で記者会見し、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の王者で、浦添市出身の比嘉大吾選手(22)=宮古工業高卒、白井・具志堅スポーツ=と、師匠で石垣市出身の具志堅用高同ジム会長(62)=興南高卒=に県民栄誉賞を授与すると発表した。3度目の防衛戦を4月15日に横浜市内で予定しているため、県は授与式の日時を調整している。

2度目の防衛に成功しリング上で喜ぶ(前列右から)比嘉大吾選手、具志堅用高会長=2月4日、県立武道館

安室奈美恵さんにも授与打診

 具志堅会長は「現役時代の功績が認められ、弟子の大吾とともに受賞できることは大きな喜び」、比嘉選手も「具志堅会長と一緒に賞が頂けるなんて、信じられないくらいうれしいです」とコメントした。

 比嘉選手について、翁長知事は25年ぶりの県出身世界王者で、2月4日に37年ぶり4度目となった沖縄での世界戦で15試合連続KOという日本記録に並んだことから「県民に大きな感動と、誇りを与えた」と称えた。

 具志堅会長は世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級の元王者で13回連続防衛の日本記録を持つ。翁長知事は「沖縄ボクシングの栄光の歴史を考え、二人同時の方が大きな価値を見いだせる、県民の喜びも大きい」と語った。

 翁長知事は、9月16日の引退を表明している那覇市出身歌手の安室奈美恵さん(40)にも所属事務所を通して、同賞授与を打診したことも明かした。安室さん側から「大変感激している。5~6月に沖縄を訪れるかもしれないので、調整したい」との返答があった。

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS