【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は21日、日本の海運大手3社を含む計5社が自動車輸送を巡ってカルテルを結んでいたと認定したと発表した。 このうち日本郵船に1億4182万ユーロ(約187億円)、川崎汽船に3910万ユーロの制裁金支払いを命じた。