乳幼児の食物アレルギーが近年増加しています。原因となる食物は、卵、牛乳、小麦の順で多く、年齢とともにピーナッツやエビ・カニなど他の食物が増えてきます。