東北電力は23日、山形市の送電鉄塔1基で、社員が寸法データを改ざんしていたと明らかにした。昨年12月には岩手県北上市の鉄塔6基で同様の不正があったと公表しており、経済産業省に同日、社員教育の強化など再発防止策を報告。19日付で田苗博副社長を厳重注意処分とした。