沖縄空手

国連英検特A級の語学力、世界の空手家へ神髄届ける

2018年2月26日 18:01

【連載・空手と私】澤田清さん(73) 澤田英語学院会長

 「高度に英語を使える人材育成」を掲げて澤田英語学院を創立し満40年の澤田清さん(73)。空手は幼少の頃から稽古を積んでおり、沖縄空手道小林流無拳会顧問の教士8段を持つ。国連英検特A級の高度なバイリンガル能力を生かして、世界各国の空手家と交流。沖縄の歴史や文化を踏まえた空手の神髄を伝えている。(学芸部・吉田伸)

形を演武する澤田清さん=豊見城市根差部の沖縄空手道小林流無拳会(田嶋正雄撮影)

40年間にわたり、英語を使える人材を育ててきた澤田清さん=那覇市首里平良町・澤田英語学院

形を演武する澤田清さん=豊見城市根差部の沖縄空手道小林流無拳会(田嶋正雄撮影) 40年間にわたり、英語を使える人材を育ててきた澤田清さん=那覇市首里平良町・澤田英語学院

 本部町生まれ。6歳の時、家族で壺屋に移り住んだ。隣に住んでいた同級生の故具志堅弘さん(後に「私人」に改名)は庭で巻藁(まちわら)に突きや蹴りなどの稽古をしていた。興味を抱き、具志堅さんにも誘われ、10歳で小林流究道館へ。故比嘉佑直氏に師事した。

 小学校5年生の時、ドラマ「君の名は」の主題歌がヒットした故織井茂子さんと、青木光一さん(現日本歌手協会名誉会長)の2人のトップ歌手が興行で来沖。本場の空手が見たいと究道館を訪れた。

 佑直氏の指示で、澤田さんと具志堅さんはピンアン初段の型を打ち、約束組手を披露した。「その時の経験が自信になり、今につながっている」とスターと並んで撮った記念写真を見せながら笑う。

 沖縄工業高校空手部では部長を務めた。1970年ハワイ大大学院に留学すると、県系人らが中心につくっていた空手クラブで週1回教えた。

 73年帰国。具志堅さんは佑直氏から22歳の最年少で師範免許を授与され、「無拳館道場」を開設していた。竹馬の友の門下に入ると、突きや受け、蹴り、転身の四つの基本と組手を中心に実践での強さを追い求めて稽古を重ねた。西原町に自宅を新築すると、庭にはマチワラを作った。

 2011年、左足首を複雑骨折。手術を受けた。つえを突き、リハビリを重ね、1年かけて歩けるようになった。転身は思うようにできないというが、自宅での稽古は毎日欠かさない。四つの基本動作やチーシ(差し石)を使い手首や握力の鍛錬を重ねる。

 急逝した具志堅さんの遺志を継ぎ、豊見城市で赤嶺浩範士9段が教える道場「無拳会本部」に週1回通う。佑直氏の座右の銘「究道無限」を挙げ、「空手は生涯武道。どんな苦難も乗り越えていける」と話した。

 海外から沖縄へ学びに来る空手家に、空手の考え方や精神など、深く掘り下げて英語で講義したり、質疑を受けたりしている。昨年、イスラエルのイツィック・コーヘンさんが600ページを超える英文書籍『Karate Uchina−Di 沖縄手』を発刊した際も助言した。「貴重な時間を使って、熱心に学ぶ姿に本当に感心する。空手の精神をきちんと伝えて、友好を深めていきたい」

 澤田さんは「澤聖紫」の俳号を持つ俳人でもある。12年にはバイリンガル俳句集も発刊。小林流の基本型を詠んだ。

 「凍星(いてぼし)や 床を軋(きし)ます ナイファンチ」(Freezing stars... the floor squakes under my feet performing naifanchi)

【全沖縄少年少女空手2018】輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、本紙が取材した大会の写真約987枚をご覧いただけます。紙面に載らなかった写真も多数! 輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

 >> https://okinawa.epitas.com/

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄空手のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS