「強くなりたい」と小学1年生の時に沖縄松真流空手道協会錬眞舘の門をたたいた。にこやかであどけない表情。城間清栄館長は「優しく、素直な子で最近めきめきと力をつけてきた」と期待を寄せる。 ひたむきな鍛錬の結果、昨年の沖縄空手・古武道連盟の大会では銅メダルを獲得した。