泡盛の出荷量は2004年をピークに05年から10年連続で減っている 味や匂いで若者に敬遠され、多様化するニーズへの対応遅れも原因 業界はイベントや新商品開発、国内外の販路開拓を進めている