暴力団の民事介入封じ込めなどを狙った暴力団対策法が施行された。都道府県公安委員会が認定した「指定暴力団」構成員による用心棒代、示談介入など恐喝まがい行為を規制。