沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古の稀少サンゴ採捕許可、無効に 沖縄県が防衛局の延長申請拒む

2018年3月2日 09:26

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設の埋め立て予定海域内に生息する絶滅危惧種「オキナワハマサンゴ」の移植を巡り、沖縄県の翁長雄志知事は1日、沖縄防衛局が期間延長を求めていた変更申請を不許可とする方針を固めた。1日夜、県の担当者が防衛局に意向を伝えた。元の許可は1日までが期限で、採捕許可は無効になった。

 県三役は1日夕から対応を断続的に協議。県幹部によると最終的に知事が再申請を認めないと判断した。防衛局は再申請するか、検討する。

 オキナワハマサンゴの特別採捕許可を巡っては、県が2月16日に許可したが、サンゴに「食害」の跡が見つかったことが発覚。県は「傷が食害か物理的な衝撃によるものか判断が困難」と指摘し、移植は環境監視等委員会の助言を受け慎重に検討すべきだと求めていた。

 これに対し防衛局は、1週間ごとにサンゴの生息状況を観察し、環境監視等委員会の指導、助言を得た上で移植する方針を確認。移植までに2カ月程度かかるとして、期限を4月30日まで延長する変更申請を県に提出した。

 防衛省関係者は「国側は県の指摘を全面的に受け入れ変更申請した」と述べ、不許可とした県の対応に不快感を示した。

 防衛局は昨年10月にオキナワハマサンゴ1群体の採捕許可を申請。知事は「関係法令にのっとり厳正、公正に審査した結果、許可が相当と判断した」として2月16日に許可していた。(政経部・大野亨恭)

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
高校野球
高校野球
第101回全国高等学校野球選手権沖縄大会(6月22日~)の全試合をイニング速報します。
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします