米国の資産運用会社「MRIインターナショナル」の社長らが詐欺罪に問われた事件に絡み、投資した顧客らが同社側に出資金返還を求めた日米での二つの訴訟が、一括して和解する見通しとなったことが1日、被害者弁護団への取材で分かった。和解金に充てる資産の総額は18億円超となる見込み。