映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」。恥ずかしながら、この映画が瀬長亀次郎氏との初遭遇だった。映画を通じ、沖縄が生んだ偉大で人気者で大スターだった彼の功績を知り、己の無知を知らぬまま、「ウチナーンチュ」だと公言していた日々を恥じた。