沖縄タイムス+プラス ニュース

三線が奏でる平和の音色 辺野古ゲート前でも「さんしんの日」

2018年3月5日 08:56

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では4日、「さんしんの日」のイベントが開催された読谷村文化センターからのラジオ中継に合わせて、正午ちょうどに20人余りが「かぎやで風」を演奏した。市民約150人が集まり、三線の音色に耳を澄ませた。

正午ちょうどにかぎやで風を奏でる参加者=4日、米軍キャンプ・シュワブゲート前

 毎年3月4日にゲート前でかぎやで風を踊る女性(71)=沖縄市=は「文化を権力でつぶすことはできない。三線の文化をよりどころにしながら基地建設阻止の闘いを続けたい」と話した。

 三線を弾き始めて20年ほどになる67歳の女性=那覇市=は「基地建設阻止を諦めない。三線文化は外からの圧力に対する大きなエネルギーを秘めていると思う」と語った。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS