米国の弁護士による損害賠償訴訟で、最高裁大法廷が法廷での傍聴メモについて「原則自由」とする判決を下した。傍聴メモは「表現の自由を保障した憲法の精神に照らし尊重に値する」と初判断。