首都圏を中心に不動産コンサルティング業を手掛ける三光ソフラン(埼玉県)が2022年度までの5年間で、沖縄県の宮古島市内に賃貸アパート130棟と簡易宿所70棟の計200棟の建設を計画していることが8日、分かった。観光客の増加でホテルの新規開業や建設工事が相次ぎ、ホテルスタッフや建設作業員が増加。