沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄・石垣市長選きょう投開票 陸自配備など争点

2018年3月11日 05:00

 【石垣】任期満了に伴う石垣市長選は11日、投開票される。新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦、3期目を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦、新人で前県議の砂川利勝氏(54)が激しい三つどもえの戦をい展開。陸上自衛隊配備計画への対応や現市政の評価などが争点。当落の判明は深夜となる見通し。市議補選(定数2)も同日投開票される。

(左から)宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏

 陸自配備は、防衛省が市平得大俣で計画。宮良氏は「どこにも造らせない」と反対、中山氏は理解を示しつつ賛否は明言せず、砂川氏は配備推進だが住民投票を実施するとしている。

 選挙戦では、宮良氏が陸自配備阻止を強調し子育て・教育支援の拡充や経済振興などを主張。中山氏は陸自問題には触れず、好調な経済や待機児童の解消などの実績を強調。砂川氏は陸自配備の住民投票を掲げ、新庁舎設計見直しや教育環境整備などを訴えてきた。

 10日の打ち上げ式で、宮良氏は「島の未来は市民で決めよう」と市政刷新を強調。中山氏は「島をもっと豊かに元気にする」と継続に意欲。砂川氏は「市民目線で対話する政治を」と市政改革を訴えた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS