【伊江】伊江漁業協同組合(八前隆一組合長)は15日、伊江中学校(宮里嘉昌校長)の3年生53人に魚料理の作り方を手ほどきした。離島漁業再生交付金事業の一環で、「魚食普及」が目的。来年3月の卒業を機に進学などで島を離れる生徒に、島の食材の良さを伝え自炊生活に役立ててほしいと提案した。