沖縄タイムス+プラス ニュース

石垣市長選2018:勝利誓い、3候補が雄たけび 選挙戦打ち上げ式 

2018年3月11日 09:49

 現職と新人2人の三つどもえの激戦となった沖縄県石垣市長選。選挙戦最終日の10日、新人で前市議の宮良操さん(61)と現職の中山義隆さん(50)、新人で前県議の砂川利勝さん(54)は市内各地で朝から声をからし支持を訴えた。夕方の打ち上げ式では勝利を誓い、ガンバロー三唱で気勢を上げた。

ガンバロー三唱で気勢を上げる宮良操さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市大川

ガンバロー三唱で気勢を上げる中山義隆さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市美崎町

ガンバロー三唱で気勢を上げる砂川利勝さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市真栄里

ガンバロー三唱で気勢を上げる宮良操さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市大川 ガンバロー三唱で気勢を上げる中山義隆さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市美崎町 ガンバロー三唱で気勢を上げる砂川利勝さん(手前中央)と支持者=10日午後、石垣市真栄里

宮良選対 市民の声届く政治強調

 宮良操さんは午後6時、八重山農林高校前の交差点で打ち上げ式をした。ピンクの服や鉢巻きを身に着けた大勢の支持者を前に「市民不在の政治を必ず変えて、皆さんの声が市政に届く新しい政治をつくりたい」と力強く訴えた。

 選対本部長の次呂久成崇県議は「最後の最後まで諦めてはいけない。勝利をつかむために共に頑張ろう」と鼓舞。支援者は太鼓やドラ、指笛を鳴らし「そうだ」と声を上げた。

 高所恐怖症だという宮良さんだが、高く積み上げられた演台にも上った。支援者と笑顔のガンバロー三唱で打ち上げ式を終えた。支援者と握手をした後、選挙カーに乗り込み地元の白保へ。その後も市内を回り、支持を呼び掛けた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS