沖縄タイムス+プラス ニュース

辺野古ゲート前、120人が座り込み 工事車両の進入なし

2015年12月24日 11:21

 【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは24日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で集会を開いた。

クリスマスイブとあって、サンタクロースの衣装を着て集会で歌う市民ら=24日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 午前7時には約120人が集結。シュワブの工事車両専用ゲートで座り込むなどして警戒したが、工事車両のシュワブ内への進入はなかった。

 一方、辺野古沖では、スパット台船と大型作業船で海底ボーリング調査を実施する様子が見られた。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS