沖縄タイムス紙面掲載記事

辺野古移設「一つの手段」/名護市長 県対応 引き続き注視

2018年3月14日 00:00

 【名護】辺野古工事差し止め訴訟の判決を受け、13日夕に報道陣の取材に応じた渡具知武豊市長は「今後県がどのような対応を取るのか引き続き注視する」とのコメントを発表した。その一方で、普天間飛行場の辺野古移設は「県内の基地負担軽減をしていく、その一つの手段だと思っている」と計画に理解も示した。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS