沖縄タイムス+プラス ニュース

本土移転や民間施設…「辺野古唯一」見直しを 翁長知事ら日米有識者が米国シンポ

2018年3月15日 05:00有料

 【ワシントン=大野亨恭】沖縄県は沖縄の基地問題解決と米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去の方策を探るためのシンポジウムを13日(日本時間14日)、米ワシントンで開いた。翁長雄志知事のほか、日米の安全保障の専門家ら6人が参加し、本土移転や民間施設使用など、沖縄の米軍削減につながる可能性を討議した。

沖縄県知事 翁長雄志の「言葉」

沖縄タイムス社 (2018-09-13)
売り上げランキング: 64,807
連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間